酒鬼薔薇聖斗の日記







H9・3・16
愛する「バモイドオキ神」様へ
 
今日人間の壊れやすさを確かめるための
「聖なる実験」をしました。

その記念としてこの日記をつけることを決めたのです。

実験は、公園で一人で遊んでいた女の子に「手を洗う場所はありませんか」と話かけ、

「学校にならありますよ」と答えたので案内してもらうことになりました。

2人で歩いているとき、僕は用意していた金づちかナイフかどちらで実験するか迷いました。

最終的には金づちでやることを決め、ナイフはこの次に試そうと思ったのです。

しばらく歩くと、ぼくは「お礼が言いたいのでこっちを向いて下さい」と言いました。

そして女の子がこちらを向いた瞬間、金づちを振り下ろしました。

2、3回殴ったと思いますが、興奮してよく覚えていません。

そのまま、階段の下に止めておいた自転車で走り出しました。

途中、またまた小さな男の子を見つけ、あとを付けましたが、団地の中で見失いました。

仕方なく進んでいくと、また女の子が歩いていました。

女の子の後ろに自転車を止め、公園を抜けて先回りし、通りすがりに今度はナイフで刺しました。

自転車に乗り、家に向かいました。

救急車やパトカーのサイレンが鳴り響きとてもうるさかったです。

ひどく疲れていたようなので、そのまま夜まで寝ました。

「聖なる実験」がうまくいったことをバモイドオキ神様に感謝します。







H9・3・17
愛する「バモイドオキ神」様へ


朝、新聞を読むと昨日の「聖なる実験」のことが載っていたので驚きました。

2人の女の子は死んでいなかったようです。

人間というのは壊れやすいのか壊れにくいのかわからなかったけど、

今回の実験で意外とがんじょうだということを知りました。







H9・3・23
愛する「バモイドオキ神」様へ


朝、母が「かわいそうに。通り魔に襲われた女の子が亡くなったみたいよ」と言いました。

新聞を読むと、死因は頭部の強打による頭蓋骨の陥没だったそうです。

金づちで殴った方は死に、お腹を刺した方は回復しているそうです。

人間は壊れやすいのか壊れにくいのか分からなくなりました。

容疑も傷害から殺人、殺人未遂に変わりましたが、捕まる気配はありません。

目撃された不審人物もぼくとかけ離れています。

これというのも、すべてバモイドオキ神様のおかげです。

これからもどうかぼくをお守り下さい。







H9・5・8
愛する「バモイドオキ神」様へ


ぼくは今14歳です。

そろそろ聖名をいただくための聖なる儀式「アングリ」を行う決意をしなくてはなりません。

ぼくなりに「アングリ」について考えてみました。

「アングリ」を遂行する第一段階として学校を休むことに決めました。

いきなり休んでは怪しまれるので、自分なりに筋書きを考えました。

その筋書きはこうです。
 
 
― 中略 ―
 
 
          懲役13年

1.いつの世も・・・、同じことの繰り返しである。

止めようのないものは止められぬし、

殺せようのないものは殺せない。

時にはそれが、自分の中に住んでいることもある・・・

「魔物」である。

仮定された「脳内宇宙」の理想郷で、無限に暗くそして深い腐臭漂う心の独房の中・・・

死霊の如く立ちつくし、虚空を見つめる魔物の目にはいったい、

"何”が見えているのであろうか。

「理解」に苦しまざるを得ないのである。

2.魔物は、俺の心の中から、外部からの攻撃を訴え、危機感をあおり、

あたかも熟練された人形師が、音楽に合わせて

人形に踊りをさせているかのように俺を操る。

それには、自分だったモノの鬼神のごとき「絶対零度 の狂気」を感じさせるのである。

とうてい、反論こそすれ抵抗などできようはずもない。

こうして俺は追いつめられていく。「自分の中」に・・・

しかし、敗北するわけではない。

行き詰まりの打開は方策でなく、心の改革が根本である。

3.大多数の人たちは魔物を、心の中と同じように外見も怪物的だと思いがちであるが、

事実は全くそれに反している。

通常、現実の魔物は、本当に普通な“彼”の兄弟や両親たち以上に普通に見えるし、

実際そのように振る舞う。

彼は徳そのものが持っている内容以上の徳を持っているかの如く人に思わせてしまう・・・

ちょうど、蝋で作ったバラのつぼみや、プラスチックでできた桃の方が、

実物が不完全な形であったのに、俺たちの目にはより完璧に見え、

バラのつぼみや桃はこういう風でなければならないと俺たちが思い込んでしまうように。

4.今まで生きてきた中で、“敵”とはほぼ当たり前の存在のように思える。

良き敵、悪い敵、愉快な敵、不愉快な敵、破滅させられそうになった敵。

しかし、最近、このような敵はどれもとるに足りぬちっぽけな存在であることに気づいた。

そして一つの「答え」が俺の脳裏を駆け巡った。

「人生において、最大の敵とは自分自身なのである。」

魔物(自分)と闘う者は、その過程で自分自身も魔物になることがないよう、

気をつけねばならない。

深淵をのぞき込むとき、

その深淵もこちらを見つめているものである。

「人の世の旅路の半ば、ふと気がつくと、
俺は真っ直ぐな道を見失い、

               暗い森に迷い込んでいた。」
 
 
 
捜査の過程で押収。
3月の連続通り魔事件後の4月はじめごろ書いた作文で、
友人にパソコンで清書させていたらしいです。

本文中にある、
「魔物(自分)と闘う者は、その過程で自分自身も魔物になることがないよう、
気をつけねばならない。深淵をのぞき込むとき、その深淵もこちらを見つめているものである」
という一節はニーチェから。
おそらくベストセラーになった『FBI心理分析官』からの孫引きでしょう。
 
 







[←戻る]