遺書

暴力


僕は書く

白いノートの上に
鉛筆の黒鉛をなすりつけ

書いている

余りにも酷い自虐

生み出すことばは、退廃を象る譫言(ウワゴト)

黒鉛で真っ黒になったノートを眺め
陶酔に浸る

これは、確かな暴力だ

終わりない自らへの戒めとして
僕は罰を受けるのだ

そして最期。
僕の存在は凶器となり果てる。


- 2 -
BACKNEXT

MARK
/67 n

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


CONTENTS